シンギングボウルセラピーシンギングボウルとは

私のヨーガ教室では不思議な、そして心地のよい音色が響いています。どんな音色でしょうか?

皆さんはシンギングボウルという言葉を聞いた事がありますか?
たぶんほとんどの方はご存じないと思います。

シンギング=歌う
ボウル=鉢(はち)

シンギングボウルとは、5世紀以前から使われ、ネパール仏教やチベット密教の儀式でラマ僧が使っていた神聖な仏具と言われています。現地では、“ドニパトロ”と呼ばれています。私の持っているシンギングボウルもネパールで作られたものです。

 

シンギングボウルの効果

このシンギングボウルを、木のスティックで叩いたり、なぞるようにこすると、心地よい倍音を伴った不思議な音色と振動が起こります。古来からこのシンギングボウルの音色は、身体の痛みを和らげたり、心や身体が安らぐという効果があると言われていました。

ヨガシャンティ和歌山シンギングボウルセラピー現在ではシンギングボウルを使って演奏したり、身体に振動を与えてマッサージ(シンギングボウルセラピー)することで、その場所や身体、心、エネルギー(ヨガの用語でプラーナ)を浄化し、副交感神経を優位(リラックス状態)に導くなど、様々な効果が期待されています。

日本ではまだ馴染みがありませんが、欧米を中心にヨーガや瞑想などにも取り入れられています。

 

各チャクラに対応した7つのシンギングボウル

本格的な演奏やシンギングボウルセラピーをするには、7つのシンギングボウルを使います。この7つのシンギングボウルは、その澄んだ響きと音色で身体にあると言われている7つのエネルギーの出入り口“チャクラ”を活性化し、心身のバランスを整え、精神面において高次の成長を促すと言われています。

このチャクラのエネルギーの流れがスムーズに各チャクラに伝わる事で、心身共に健康でいる事ができるともいわれています。特に手打ちのシンギングボウルは、音の響きと振動がとてもよく響くので、高いリラックス効果が期待されます。

 

ソルフェジオ周波数が含まれているシンギングボウルも…

シンギングボウルセラピーまた最近注目されている、ソルフェジオ周波数が音に含まれているシンギングボウルもあります。このソルフェジオ周波数は、この周波数が含まれている音色を聴く事で、トラウマから解放されたり心がリラックスすると言われています。

胎教に良いと言われ、愛の周波数とも言われているソルフェジオ周波数528HZは、モーツァルトの曲によく含まれています。実際にモーツァルトの生演奏を聞いた後にストレス度やリラックス度がどう変化するのかと言う実験に参加したことがありますが、被験者は全て良い結果がでていました。

このように、音は身体と心に色々な良い影響を与えてくれます。シンギングボウルはその音色と響きで、ストレス社会に生きている私達に、癒しやエネルギーを与えてくれます。ヨガシャンティでは、ヨーガレッスンにシンギングボウルを取り入れています。ぜひご体験ください。

→ヨーガレッスン