今日は臨床心理士でありヨーガ療法士である米澤先生のRam-Ram’s labで行われた第3回こころとからだ研究会に参加させていただきました

(サントリー山崎の近くにあるとても素敵なスタジオです)

今回は動作によって体験のあり方を変容させる東洋的心理療法であるイメージ動作法の勉強会でした。

心の状態をスクリーンで客観視した後身体を使って心の状態の変化を感じるというワークを指導してただきました。

ワーク前とワーク後の身体と心の感覚の変化に驚きました。

実は最近寝不足で身体の調子もイマイチでしたが1回目のワークの後身体の不快な感覚が解消され気持ちも軽くなりました。

その後いくつかのワークをさせていただきましたが不安や苛立ちなどのネガティブな心の状態が身体の不調に大きく関わっているのだと改めて感じました。

またヨガシャンティのクラスにも取り入れたいと思います。

米澤先生、ご参加の皆さんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です