仙台での通訳のお仕事パート2です。

いよいよ通訳が始まりました。大きな会場でたくさん人も入ってます。

 

実は始まる寸前まで緊張していましたが始まってからはとても楽しくさせていただきました。

内容は

セラピストの新たな引き出し:がん患者へのヨーガアプローチ

というがんに対してのヨガセラピストの役割をたくさんのデータを用いて詳しく説明くださいました。

ララ・ベヌーシス セラピストの新たな引き出し:がん患者へのヨーガアプローチ

 

もちろん簡単な通訳ではありませんでしたがララ先生のサポートもあり気がつくとあと10分のサインが出てあっという間に終わりました。

大きな仕事をやり終えた充実感は素晴らしいものでした。

素晴らしいタパス(試練)を頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です